すいどうどう[水曜どうでしょうってどうなんでしょう]

水曜どうでしょうってどうなんでしょう。「水曜どうでしょう」を知っていくブログ

【すいどうどう】
〜水曜どうでしょうってどうなんでしょう〜
「水曜どうでしょう」を知っていくブログ

韓国食い道楽サイコロの旅 第4夜

韓国食い道楽サイコロの旅もいよいよ最終回。
2日目、昼食後に夕食のサイコロを振るところからスタートします。
昼食後すっかり体力・機嫌ともに回復した2人。
夕食は無事食べられるのか〜!
最後でおなじみですがルールのおさらいです。

<韓国食い道楽サイコロの旅 ルール>

  1. 食事場所と名物料理が書いてある
  2. 何処で何を食べるかはサイコロを振って決定
  3. 公共交通機関を駆使して移動
  4. 名物料理を堪能
  5. 次の食事を再びサイコロで決定
  6. 2泊3日の滞在中、1日3食(7回分)繰り返す

さらに新ルール!食える食えないカード
お店の前でカードを引く!カードで食えるかく食えないかが決まる!

<カードの内容>

  • 全員食える
  • 鈴井大泉食えない
  • ディレクター食えない
  • 鈴井食えない
  • 大泉食えない
  • 全員食えない

ざっくり内容

夕食で引いた食える食えないカードの結果、ある人物は夕食抜きに。
この過酷な旅でのメシ抜きは本当に辛いので、
じゃんけんで勝てば一品食べることができるというチャンスタイムが1回だけ許可されます。

夕食後、最終日(3日目)の朝食のサイコロを振ります。
ゆっくりできる結果に大喜びの2人。
最終日の朝を迎え、朝食のサイコロを振り直します。
バタバタと移動する一行。
最終日は帰りの飛行機の便が決まっているため、なんとしても間に合わせないといけません。
最後の朝食の目は吉と出るか、凶と出るか!?

感想と見どころ

今回は笑い回と言えるかとおもいます。
夕食の場面と最後の朝食のサイコロと、お店の前で引くカードが見どころです。
夕食は鈴井さんがホヤを何かわからないという場面や、
カードの結果、夕食を食べられない・とある人物がおこぼれをもらう場面などがあり笑えます。

とある人物 「頭いいですか」

ホヤを食べるとエビの頭がもらえるくだりは笑えます。
今回で最終回になる「韓国食い道楽サイコロの旅」。
最後はどうなるのか楽しみにしてたけど期待を裏切らない終わり方でした。
最後がどうなるか、ぜひ見てください!

韓国食い道楽サイコロの旅 第3夜

韓国食い道楽サイコロの旅、全4回放送中の3回目です。
すべての食事をサイコロを振って決めるというグルメ旅。
順調かと思いきや、あらたに登場した新ルールによってとんでもない過酷な旅に! 早くも極限状態に!
次のサイコロの目はどうなる!?

<韓国食い道楽サイコロの旅 ルール>

  1. 食事場所と名物料理が書いてある
  2. 何処で何を食べるかはサイコロを振って決定
  3. 公共交通機関を駆使して移動
  4. 名物料理を堪能
  5. 次の食事を再びサイコロで決定
  6. 2泊3日の滞在中、1日3食(7回分)繰り返す

さらに新ルール!食える食えないカード
お店の前でカードを引く!カードで食えるかく食えないかが決まる!
<カードの内容>

  • 全員食える
  • 鈴井大泉食えない
  • ディレクター食えない
  • 鈴井食えない
  • 大泉食えない
  • 全員食えない

ざっくり内容

深夜バスから降り、お風呂に向かう。
お風呂で元気になった2人は朝食のお店の前で食える食えないカードを引きます。   朝食は甘いものが苦手な鈴井さんにはうれしくない結果に。
そんな鈴井さんをみて大泉洋は大はしゃぎ。

次に昼食のサイコロを振り移動することになりましたが、週末で混雑しているらしく指定席がとれず、デッキでぐったりするふたり。
疲労も募って機嫌が悪くなっていくふたり。
お店の前に到着し、カードを引きますが・・・ 昼食後機嫌を取り戻し、2日目夕食のサイコロを振るぞ、というところで今回は終わりです。

感想と見どころ

前回同様、食える食えないカードでどのカードを引くのか、が見ていておもしろいですね。サイコロでどこに行くか、到着して食べられるのかという二段構えの運まかせのルールは、見てて飽きないです。

疲労から徐々にふたりの機嫌が悪くなっていきますが、飯のあとは機嫌がころっと回復してるところ、ほんとにリアルだなぁと思いました。
今回笑うところは少ないですが、サイコロの旅・水曜どうでしょうならではの過酷さと行き当たりばったり感が見どころですね。

次回はこの「韓国食い道楽サイコロの旅」も4回目放送となり最終回となります。
最後はどうなるのかな。ちらっと見えた予告では時間間に合わないとか帰れないとかドタバタしてそうな感じでしたが…
これまでのサイコロの旅と違って明確なゴールがない旅なのでどう終わるのかは気になるところですね。

韓国食い道楽サイコロの旅 第2夜

前回いつものとおり何も聞かされずに韓国へ連行された大泉洋。
2泊3日の滞在中、何を食べるかをサイコロで決める旅だった。
さっそくサイコロを振って出た目の場所へ昼食を食べにいくことに。
移動は料金が安いということで飛行機に乗り込む一行。
今回のサイコロの旅のルールおさらい。

<韓国食い道楽サイコロの旅 ルール>

  1. 食事場所と名物料理が書いてある
  2. 何処で何を食べるかはサイコロを振って決定
  3. 公共交通機関を駆使して移動
  4. 名物料理を堪能
  5. 次の食事を再びサイコロで決定
  6. 2泊3日の滞在中、1日3食(7回分)繰り返す

ざっくり内容

昼食と言いながら16時近い。
時間も押しているのでさっそく食べようとするもここで予想もしていなかったルールが登場します。

ディレクターが用意していた、とあるルール。
このルール、サイコロ以外にも先が読めない展開で楽しめる内容です。
ぜひ見てみてください。

このルールのおかげでとんでもない展開に。
鈴井さんが泣きますw

昼食がおわりすぐ夜飯のサイコロ、次の目的地へ進みます。
到着後、お店を前にして今度は大泉洋が新ルールにチャレンジしますが嘆くふたり。モメる一行w

ルールに厳格な企画のためは新ルールは絶対。
あまりにも厳しいルールのため、ディレクターが夜飯の提案をし、事なきをえますが・・・。

次の日の朝食のサイコロを振る。なんと出たのはサイコロの旅でおなじみのあの交通機関。またまたふたりを苦しめます。
サイコロ企画らしくだんだん過酷になってきました。
まだまだ2泊3日の旅は長いですがどうなるのか〜!?

感想と見どころ

グルメの旅なのでいつものサイコロの旅とは違い過酷さはないと思いきや!
登場した新ルールのおかげで一気に過酷になります。
この新ルール、サイコロ以外にも先が読めない展開になるのですごくおもしろい! 鈴井さんが泣いてしまいます。
笑ってしまったw

次のサイコロがどうなるか!楽しみです。